やっと生活習慣病の正体と治し方が解明できました!

やっと戦後つくられた生活習慣病の正体と治し方が解明できました!

令和元年 9月20日

すべての生活習慣病(癌、糖尿病、その他)の原因解明とその治し方が結論できまし

た。癌(3日~40日)も糖尿病(3日~3、4か月)も修復できます。

戦前、戦後の治療の違い、生活様式の変化、農薬、食品添加物、料理方法等

に起因しますが、根本的な解決は森の環境問題にありました。

医師、研究者、ノーベル賞の医薬品でも解決できなかったでしょう。

私たちは医師でも、プロの研究者でもありません。

だからできたのでしょう。

これで107名の癌が外科手術も、抗がん剤も副作用もなく、完治実証できました。

といっても、まだ信用していただけませんが、いずれ時間かけて理解いただけるよう

プログラムを作成しようと急いでおります。

児玉 源太

乱れた波動の調整で病気を治す バイオレゾナンス医療

乱れた波動の調整で病気を治す バイオレゾナンス医療

縄文医学の掘り起こしか?普通の病気、難病までよく治る。
相性のいい食べ物がすぐ測定できる。

その人にあう薬、食べ物がすぐわかる。診断してくれるバイオレゾナンス医療

RAPT×読者対談30 波動を使った新しい医療法 バイオレゾナンス医学とは?

RAPT×読者対談31 これからの最も賢明な医療の受け方。

RAPT×読者対談32 波動ブームに対する警鐘。またはワクチンと大麻と気と健康について。

ワクチン利権の裏側 不妊治療の薬を空中散布している 人工削減目的

未来を救う波動医学とは?船瀬俊介

 

 

 

宗像久男先生「ガンは3カ月で治せる病気!ブドウ糖はガンの餌だった」

 

宗像久男先生「ガンは3カ月で治せる病気!ブドウ糖はガンの餌だった」

ワールドフォーラム2016年9月

 

 

癌腫瘍とは、ミトコンドリア細胞のゴミ捨て場。満杯になれば、また新しいとこに、

住み心地のいいとこに、移転する。

血液をきれいにし、流れを良くし、体温を36.8まであげる。

病院のがん手術は、ゴミをとるだけで、治ってはいない。

当然転移する。西洋医学は原因を付したまま、一神教の方法で手当てをするだけ。

全然ちんぷんかんの医療。東洋医療はまず原因から手当てをしていくので、

あまり、急がない。

急ぐなら、まず断食して、2,3日で血液はきれいになる。

運動して体温あげ、滞ってるとこをもみほす。

戦前は37度はあったが、いまは35.8度  36.5度はほしい。

慌てることもないが、患者のバカみたいな無知だ。

病気は日頃から、自分で治すもの。医者は治るか、治らないか、わからないま

ま・・・手術して、急に死んでも外科では、解らない。分業化で責任回避。

自分で、医者とちがって原因はわかるはずなので、自分の臓器くらい勉強しておきま

しょう。

 

35度 低い  癌

36度はほしい
癌細胞は甘いものほしがる。パン、おこmw、アイス、ケーキ、菓子

 

ワールドフォーラム2016年9月「医術の原点回帰」心身の元を糺す講演会 http://worldforum.jp/information/2016/09.html 講師:宗像久男

 

今回からは、より具体的な「がんの消し方」を解説して行きます。 先生の提唱するがんの消し方を簡単に要約すると、 私たちの体は発生の際は

 

ワールドフォーラム2011年10月連携企画 「統合医学医師の会公開講演会」http://worldforum.jp/information/2011/10-4.html 『先端栄養療法

13:38

アメリカで、1990年頃「OTAレポート」という研究結果が出ました。 これは、がん患者に多くの抗がん剤を投与すると、確かにがんが消えるの